最新記事一覧

都合の良さで選ぼう

バス停

長距離の移動手段に魅力的な高速バスの申込方法は色々あるので、都合の良さで選びましょう。たとえば、バス会社やチケット販売の窓口なら、担当者に相談することができます。また、比較が可能なサイトからも申込みは可能です。

詳しく見る

大切な公共交通機関

運転手

高速バスは、短距離便・長距離便に分かれていて、国内移動の大切な公共交通機関になっています。長距離便は、8時間以上の乗車になる事で疲労感が増しますが、耳栓やスリッパ等の乗車グッズを活用すると、仮眠を取れて翌日の行動に影響を及ぼさずに済みます。

詳しく見る

都市間を賢く移動

車内

コストパフォーマンスの高さに加えて、限られた旅の時間を有効に活用できることや、快適な車内環境で大人気なのが、都市間を運行する高速バスです。インターネットの予約サイトで、予約や購入、事前の座席指定などを簡単に行えることも高速バスの魅力です。

詳しく見る

日中便と夜行便があります

バス

高速バスは、短距離が多い日中便と長距離が多い夜行便に大きく分かれています。日中便は4列シート車両・夜行便は4列シート・3列シート車両の両方がある点が特徴であり、長距離で疲労を軽減したい場合は3列シートを選択しておくのも良いでしょう。

詳しく見る

ルールやマナーを守る

女性

高速バスに乗る際の代表的なマナーとしては、始発地から乗る場合は余裕をもってバス停に到着しておく事・初めて乗る場合は必ず事前にバス停の位置を確認しておく事です。他のお客様とのトラブル防止の為に、座席を後ろに倒す際は一言添えておく事も大切です。

詳しく見る

目的に合わせて探そう

バス

快適さは重要

海を飛び越えたり、車で移動すると数日かかったりするような距離なら飛行機の利用がベストです。ただ、陸地で車でも移動可能な距離の場合は、飛行機よりも電車やバスの方が移動しやすいでしょう。バスで長距離を移動するのであれば、路線バスを乗り継ぐよりも目的地まで降車する必要がない高速バスが便利です。高速バスは乗車と降車するポイントが決まっているので、路線バスを乗り継いで移動する場合よりも到着するまでに必要な時間は少なくなります。乗車する高速バスを選ぶ時は、目的に合わせて探すようにしましょう。交通費を最小限に抑えて高速バスを利用したいなら、格安バスの中から探すのがコツです。格安バスで安く済ませることができれば、現地に到着してから使用できるお金が増えます。また、交通費の負担よりも車内で快適さを重視する場合は、設備に注目して高速バスのチケットを購入すると良いです。路線バスのように乗車している時間が短いなら、設備はそこまで重要ではないです。しかし、高速バスは長時間乗車している可能性があるので、設備が整っている方が快適に過ごせるので重要です。たとえば、プライベートな空間を確保して過ごしたい人は、隣と座席が離れている独立シートがピッタリです。カーテンが付いていると、よりプライベートな空間は広くなります。万が一の腹痛を心配している際は、トイレ付きの高速バスを選ぶべきです。すると、サービスエリアで休憩する以外でもトイレを使用可能なので安心できます。